/

この記事は会員限定です

<東証>IHIが1年ぶり高値 航空部門の業績改善見通しを好感

[有料会員限定]

(10時50分、コード7013)IHIが大幅に続伸している。一時、前日比122円(5.8%)高の2229円と、2020年3月以来約1年ぶりの高値をつけた。12日付の日本経済新聞朝刊は「IHIの山田剛志副社長が22年3月期に、航空部門の赤字が今期(21年3月期)より縮小する見通しを明らかにした」と伝えた。課題となっていた航空部門の業績改善見通しを好感した買いが優勢となっているもようだ。

航空部門は今...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン