/

この記事は会員限定です

上海株前引け 続落、深圳株安を嫌気 アジア300指数は続落

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】12日午前の中国・上海株式相場は続落した。上海総合指数の前引けは前週末比27.9760ポイント(0.81%)安の3422.7012だった。新規の手がかりが乏しいなか、16日発表の中国の1~3月期実質国内総生産(GDP)の発表を控え様子見気分が強まった。深圳株が1%を超えて下落したことも投資家心理を冷やした。

前週末の米金先物相場の下落を背景に金鉱株が大幅安となったのをはじめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン