/

JPX日経400大引け 4日ぶり反発 365ポイント高の1万7580

12日のJPX日経インデックス400は4営業日ぶりに反発した。終値は前週末比365.98ポイント(2.13%)高の1万7580.38だった。前週末の米株式市場で主要な株価指数がそろって最高値を更新したことを受け、東京市場でも買いが優勢だった。取引開始前に発表された5月の機械受注統計の内容が市場予想を上回ったことも、機械・設備関連の買いにつながった。

ファナックソニーG日電産が上げ、エーザイJR東海ANAHDが下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン