/

SMBC日興、NTTドコモ・お金のデザインと協業検討で合意

(更新)

SMBC日興証券は12日、NTT(9432)傘下のNTTドコモとお金のデザイン(東京・港)の3社で資産運用サービスの拡充に向けた協業の検討に合意したと発表した。各社が持つビジネス基盤や知見を組み合わせて「長期・分散・積み立て」を基本としたサービスの拡充を目指す。

若年層や投資未経験者が資産運用を始めやすくするために、これまで各社で協業してきたサービスの利便性向上などを図る。「iDeCo(個人型確定拠出年金)」などに対応したサービス提供に向けた検討も実施する。

SMBC日興証券はお金のデザインの人工知能(AI)による資産運用提案サービス「ロボットアドバイザー(ロボアド)」の「THEO(テオ)」の証券口座を承継する。6月末時点でテオのは17万口座、972億円の預かり資産があり、承継の効力発生日は8月1日を予定する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン