/

この記事は会員限定です

投資家・渋沢栄一「3カ条」 孫氏との同異にヒント

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

明治から昭和初期にかけての大実業家、渋沢栄一は生涯で約500の企業にかかわったが、投資家としての顔はあまり知られていない。投資で社会の未来を切り開くという発想は、ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長と重なるが、やり方は異なる。借金を重ねて利益を膨らませるレバレッジ投資が全盛の中、渋沢の投資哲学に学ぶべき点は多い。

基本は「売って買う」

渋沢家の同族会議資料を元に渋沢の資産運用について研究した文京学院大学の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1642文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン