/

この記事は会員限定です

上海株大引け 反落、統計発表控え持ち高調整の売り

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】11日の中国・上海株式相場は反落した。上海総合指数の終値は前日比26.0848ポイント(0.77%)安の3347.1910だった。来週にかけて11月の主要経済指標の発表を控え、足元の中国国内景気を見極めたいとの様子見気分から持ち高調整の売りが優勢となった。朝方に小幅高となった場面での上値の重さが嫌気され、指数は午後は軟調に推移した。

米国との対立継続懸念もくすぶり、投資家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン