/

この記事は会員限定です

株600円安、繰り返す楽観と悲観 続く「高ボラ」相場

[有料会員限定]

株式市場は楽観と悲観が繰り返される相場展開だ。11日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前引けは前日比625円安の2万5064円だった。ウクライナ情勢が投資家心理の重荷となり、欧米の金融引き締めに対する警戒感も拭えない。多くの投資家が株式保有を減らし、3月中は変動率の高い高ボラティリティー相場が続くとの見方が出ている。

11日午前は前日まで2日間で急騰したソフトバンクグループが6%超の下落...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン