/

この記事は会員限定です

大阪取引所、ロシア製白金とパラジウムの指定取り消し検討を発表

[有料会員限定]

大阪取引所は11日、ロシア製の白金とパラジウムのブランドについて、受渡供用品としての指定の取り扱いを取り消しを含めた対応を検討していると発表した。欧州の貴金属業界団体のロンドン・プラチナ・パラジウム・マーケット(LPPM)がロシア製の白金とパラジウムのブランドを認定リス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン