/

この記事は会員限定です

株、「全部のせ」ECBで売り波及 焦点は景気にシフト

[有料会員限定]

10日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前引けは前日比397円安の2万7848円だった。欧州中央銀行(ECB)による利上げ開始予告を受けた欧米株安が日本にも波及し、金利上昇が逆風になりやすいハイテク株の一角などに売りが出た。株価の先行きを占ううえで焦点は金融政策から景気へと移っていくという声が出ている。

「まさに全部のせだった」。大和証券の末広徹シニアエコノミストは9日のECB理事会をこう総...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン