/

この記事は会員限定です

上海株大引け 反落、物価改善で金融引き締め懸念 割高株に売り

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】9日の中国・上海株式相場は反落した。上海総合指数の終値は前日比31.8776ポイント(0.91%)安の3450.6772だった。朝に発表された3月の卸売物価指数(PPI)と消費者物価指数(CPI)がともに市場予想を上回る改善となったことが、政府が金融政策を引き締め方向にかじを切るとの懸念につながった。不動産市場の投機行為への取り締まりも強化されていることから、当局がバブル防止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り411文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン