/

この記事は会員限定です

<東証>ローソンが大幅安 今期見通しに懐疑的な見方も

[有料会員限定]

(13時25分、コード2651)ローソンが大幅に続落している。後場は一段安となり、前日比260円(4.9%)安の5080円まで下落した。8日に発表した前期(2021年2月期)連結決算で、今期(22年2月期)の営業利益が前期比22%増の500億円になるとの予想を示した。ただ、前期が大幅な減益となっていたことに加え、市場では「今期の増益も本当に達成できるのか少々懐疑的」(国内証券のアナリスト)との声も聞かれ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン