/

東証「プライム」市場、タカラバイオや岩井コスモなど適合通知を発表

(更新)

東京証券取引所が9日、上場企業に新上場区分の適合状況について1次判定を通知した。同日は、最上位の位置付けとなる「プライム」に適合するとの通知を受けた企業側の発表も相次いだ。17時30分時点では岩井コスモホールディングス(8707)やタカラバイオ(4974)など4社が適合通知を受けたと発表した。

東証は「プライム」の上場基準に、流通する株式の比率(流通株式比率)で35%以上、流通株ベースの時価総額で100億円以上などと定めている。東証は9日、現時点で東証1部に上場する2191社のうち、1次判定で1527社が基準を満たしていたと発表した。企業側は異論があれば追加情報を出し、再計算を要請できる。

■新市場区分「プライム市場」適合したと発表した企業

7月9日 タカラバイオ(4974)、JPホールディングス(2749)、岩井コスモホールディングス(8707)、ファルコホールディングス(4671)

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン