/

この記事は会員限定です

株2万8000円割れ 弱気のミルフィーユ、崩すフォークはどこに

[有料会員限定]

日本株の下押し圧力が強まっている。9日午前の東京株式市場で日経平均株価は節目の2万8000円を寄り付きで下回り、一時は前日比700円近く安い2万7419円と、約2カ月ぶりの安値をつけた。海外では米景気の後退懸念、中国当局による自国企業の取り締まり強化、国内では東京五輪開幕を目前にした都への4回目の緊急事態宣言発令が決まるなど、相場が下げに傾きやすい弱気材料がまるでミルフィーユのように積み重なって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン