/

この記事は会員限定です

<東証>関西電が10カ月ぶり高値 配当権利取りの買い優勢

[有料会員限定]

(13時10分、コード9503)関西電が3日続伸している。前日比69円50銭(6.2%)高の1189円50銭と、2020年4月17日以来約10カ月ぶりの高値を付けた。米長期金利の上昇を手掛かりにPBR(株価純資産倍率)が低い出遅れ銘柄が買われるなか、株価指標面で割安な電力株に物色が向かっている。市場では「3月期末が近づき配当利回りが高い電力株には配当権利取り狙いの買いが優勢だ」(国内証券のストラテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン