/

この記事は会員限定です

サムライ債、発行22年ぶり少なさ 今やどの国も低金利

[有料会員限定]

海外政府や金融機関などが円建てで発行する外債(サムライ債)の発行が急減している。2020年の発行額は1998年以来、22年ぶりの少なさになる見通しだ。新型コロナウイルスの感染拡大への対応で世界各国が金融緩和策を強化し、低金利国が続出したことが背景にある。自国での資金調達コストが低下し、わざわざ日本市場を選ぶメリットが薄れたためだ。コロナ禍に対応した世界的な金融緩和は当面続きそうで、サムライ債の発行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン