/

この記事は会員限定です

円、先安観根強く 米予想インフレ率6年半ぶり高さ

[有料会員限定]

米国の物価上昇を背景に円安・ドル高が一段と進むとの見方が増えている。市場の予想物価上昇率を示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は8日に2.22%と2014年8月以来、6年半ぶりの水準に浮上した。米長期金利の先高観が強まっており、日米金利差の拡大を手掛かりとした円売り・ドル買いは再び勢いを取り戻しそうな気配だ。

米セントルイス連邦準備銀行のデータによると、米国債利回りから物価連動国債利回りを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン