/

この記事は会員限定です

株、弱気相場入り目前で買い戻し 米CPI後には警戒

[有料会員限定]

9日午前の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発した。終値は前日に比べ182円高い2万4973円。3営業日で1700円超安と前日までの下げが急ピッチだったため、自律反発を狙った買いが広がった。ロシアのウクライナ侵攻で下げ足を速めてきた日経平均だが、弱気相場入り目前でひとまず下げ止まった。10日には米消費者物価指数(CPI)の公表を控え、インフレ懸念が再燃する可能性は残る。

特段の好材料が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン