/

日経平均、もみ合いで始まる 米追加経済対策の成立期待も、成長株に売り

9日の東京株式市場で日経平均株価はもみ合いで始まった。始値は前日比5円62銭高の2万8748円87銭。米議会上院が1.9兆ドル規模の追加の経済対策を可決したことを受け8日の米株式市場でダウ工業株30種平均が上昇し、投資家心理が上向いた。一方、米長期金利の高止まりを警戒して割高感の強い値がさのグロース(成長)株には利益確定売りが出ており、指数の上値を抑えている。朝高後は下げに転じている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン