/

この記事は会員限定です

株、投資家曇らす複雑な需給 浮動株変更と益出しの売り重荷

[有料会員限定]

8日午前の日経平均株価は反発して始まった後、失速した。午前の日経平均の終値は前日比68円(0.25%)安の2万6820円だった。自律反発狙いの買いが先行したものの、新年度に入り複雑な需給環境が影響しているとみられる。7日に発表となった東証株価指数(TOPIX)の浮動株比率の変更のポジション(持ち高)調整、国内金融機関の期初の「益出し」の売りが重荷だ。

8日朝方には前日まで下げがきつかった東エレク

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン