/

この記事は会員限定です

<東証>塩野義が一時6%安 コロナ治療薬開発、ファイザーが先行

(更新) [有料会員限定]

(10時15分、コード4507)塩野義が大幅に続落している。前週末比478円(6.4%)安の7040円まで下落した。米製薬大手のファイザーが5日に開発中の新型コロナウイルス向け飲み薬の投与で入院や死亡のリスクを約9割減らせたとの臨床試験(治験)データを公表した。早ければ年内にも米国で投与が始まるという。新型コロナ治療薬の開発で、メルクに続きファイザーが先行したことをきっかけに塩野義の買い持ち高を手じまう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン