/

この記事は会員限定です

株、2万8000円前にひるむ買い 任天堂は急落

[有料会員限定]

日経平均株価は上方に控える2万8000円が次の節目だ。だが、投資家の買いはひるんでいる。発表が本格化している決算をみると、コストの価格転嫁に成功する企業がある一方、円安メリットがはげ落ち、下方修正を余儀なくされた企業も少なくない。8日は任天堂が業績懸念で急落し、9日発表のトヨタ自動車の決算に対する期待値も低く抑えられている。

日経平均株価の8日午前の終値は前日比142円安の2万7543円。前日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません