/

この記事は会員限定です

上海株大引け 小幅続落、米国の対中圧力を警戒 銀行や鉄鋼に売り

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】8日の中国・上海株式相場は小幅に続落した。上海総合指数の終値は前日に比べ6.4266ポイント(0.18%)安の3410.1771だった。ポンペオ米国務長官が7日、香港の民主派を弾圧しているとして中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の常務委員会幹部14人を制裁対象に指定したと発表した。米国の政権移行期に入ってからも対中圧力強化の動きが続いており、米中対立の長期化を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン