/

この記事は会員限定です

株、レンジ打破には力不足 ソフトバンクGに映る慎重姿勢

[有料会員限定]

8日午前の東京株式市場で日経平均株価は寄り付き直後に付けた2万8835円を高値に伸び悩んだ。レンジ相場を上に抜け、再び3万円超えを目指すにはなお力不足だ。この先の相場を左右する米金融政策など重要なポイントに立ち返ると、様子見姿勢を保つ投資家が少なくない。ソフトバンクグループ(SBG)の動きはまさに投資家の慎重姿勢の根強さを映している。

米ダウ工業株30種平均やS&P500種株価指数はここ2日間の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン