/

この記事は会員限定です

<マザーズ>デルタフライが一時7%高 経口剤、膵臓がん治療薬の効果高めると確認

[有料会員限定]

(11時15分、コード4598)創薬ベンチャーのデルタフライが反発している。一時、前日比85円(7.2%)高の1258円まで上昇した。同社が手掛ける末期の膵臓(すいぞう)がん患者を対象とする経口剤「DFP-17729」により、膵臓がん治療薬の治療効果が高まることを確認したと発表した。日本薬学会のジャーナル2月号に研究に関する論文が掲載される見込みだといい、前向きな材料とみた買いが入っている。

現在、「DFP-...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン