/

この記事は会員限定です

株、広がる「高所恐怖症」 大型買収は一筋の光

[有料会員限定]

8日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落した。前引けは前日比110円68銭安の2万9620円11銭だった。下げ幅は200円を超える場面もあった。利益確定売りが優勢となるなか押し目では買いも入り、前日に引き続き方向感に乏しい相場展開となった。国内主要企業の決算発表が本格化するのを前に「投資家の警戒感が高まっているようだ」との指摘があった。

「日本株の方向感の定まらない弱含みの展開は、業績や株価に対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン