/

この記事は会員限定です

日経平均、感染再拡大が重荷か(先読み株式相場)

[有料会員限定]

8日の東京株式市場で日経平均株価は横ばい圏か。売りが先行した後は、前日終値(2万9730円)を挟む展開となりそうだ。国内で新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることが相場の重荷になりそうだ。相場への影響の大きい主力銘柄の決算発表を控え、様子見ムードも出そうだ。半面、米長期金利の上昇が一服していることは買い安心感につながるだろう。市場では日経平均が2万9500~2万9900円程度の範囲で推移する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り897文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン