/

この記事は会員限定です

株、「弱気派でも心地良い」 PERはすでに割安示唆

[有料会員限定]

7日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、一時は前週末比350円ほど安い2万7085円を付けた。米連邦準備理事会(FRB)による金融政策の正常化前倒し観測を背景に、年初から市場全体が波乱含みだが、投資指標で過去を振り返ると日本株はすでに割安な水準にあると捉えることもできる。適正な株価水準を巡って揺れる投資家心理のよりどころになるかもしれない。

日経平均は前週、週間ベースで今年に入って初の上昇とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り905文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン