/

1月上中旬の貿易収支、1兆7050億円の赤字 資源価格上昇で8年ぶりの大きさ

財務省が7日発表した1月上中旬(1~20日)の貿易統計速報によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆7050億円の赤字だった。上中旬ベースでは7カ月連続の赤字となる。前年同期は8415億円の赤字だった。上中旬ベースでの赤字額は2014年1月(2兆150億円、速報値)以来8年ぶりの大きさ。資源価格の高騰などを背景に輸入が伸び、輸出の伸びを大幅に上回った。

輸出額は前年同期比19.7%増の3兆7985億円だった。鉄鋼、半導体等電子部品、鉱物性燃料が増加した。

輸入額は同37.1%増の5兆5035億円だった。原油・粗油、石炭、液化天然ガスが増えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン