/

この記事は会員限定です

上海株前引け 反落、米制裁報道が重荷 アジア300は小反落

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】7日午前の中国・上海株式相場は反落した。上海総合指数の午前の終値は前週末比22.7290ポイント(0.65%)安の3421.8524だった。トランプ米政権が中国高官への追加制裁を準備しているとの報道を受け香港株式相場が下げ幅を拡大し、投資家心理の重荷となった。上海総合指数が年初来高値圏で推移しており、利益確定売りも出やすい。

銀行や保険株に売りが目立った。不動産株や自動車株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り508文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン