/

日経平均、反発で始まる 経済対策への期待で

7日の東京株式市場で日経平均株価は反発して始まった。始値は前週末比143円01銭高の2万6894円25銭。取引時間中としては1991年4月以来の高値を付けた。前週末の米株式相場は追加の経済対策が早期に成立するとの期待から過去最高値を更新した。米株高で投資家心理が上向き、日本株にも買いが先行している。ただ、2万7000円の心理的な節目を前に上値は重い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン