/

電通グループ、最終赤字237億円 海外の構造改革費計上

(更新)

電通グループは7日、未定としていた2020年12月期(今期)の連結最終損益(国際会計基準)が237億円の赤字(前期は808億円の赤字)になりそうだと発表した。新型コロナウイルス禍を受けた収益減と、海外の事業構造改革費用の計上が重荷となる。

売上高にあたる収益は前期比11%減の9287億円、営業損益は114億円の赤字(同33億円の赤字)を見込む。海外事業の構造改革費用は20~21年度に6億4000万ポンド(約876億円)の計上を想定。このうち20年度に4億1000万ポンド(約561億円)を計上する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン