/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト タカ派FRBも「ノイズ」 決算シーズンに身構え

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比69ドル高の3万1037ドルで終えた。米連邦準備理事会(FRB)が午後に公表した6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨は、景気を犠牲にしてでもインフレ抑制に向けた金融引き締めを進める姿勢が鮮明だった。それでも市場関係者は新味に欠くとみて株買いがやや優勢になった。タカ派のFRBも「ノイズ」にすぎないともと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン