/

この記事は会員限定です

6日のアジア300指数 反落、1年9カ月ぶり安値 米欧中景気に懸念

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=今 晶】6日の日経アジア300指数は反落した。終値は前日比1.09%安い1409.80と2020年10月5日以来の安値だった。欧米の景気減速懸念に加え、行動規制の長期化が意識される中国経済への不安も再燃し、投資家心理を冷やした。原油などの資源相場の下落は関連株への売りにつながり、指数を押し下げた。

一方、資源輸入国のインドでは原油安を好感する動きもあり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン