/

この記事は会員限定です

株、FRBに振り回される投資家 岸田首相の英講演も力不足

[有料会員限定]

6日午前の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比32円高の2万6850円と小反発したが、朝方にはインフレと米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めに対する警戒感から売りが優勢で一時275円安まで下げた。米株式相場は4日にパウエル議長の発言からFRBが大幅利上げには慎重との見方から急騰した後、5日は一転して大幅安。投資家にはFRBの今後の政策に対する迷いがあるようだ。

岸田文雄首相は5日、英国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン