/

この記事は会員限定です

<東証>神戸物産が一時4%安 「前年割れ」への警戒根強く

[有料会員限定]

(14時45分、コード3038)食料品店「業務スーパー」を手掛ける神戸物産が反落している。一時、前日比125円(3.9%)安の3070円まで下落した。6日午後、東京都で新型コロナウイルスの感染者が新たに1500人超確認されたと伝わった。外出を控える流れが強まり巣ごもり需要が拡大するとの期待から下げ止まる場面もあったが、前年の売上高のハードルの高さが警戒され、売りに押されている。

SBI証券の担当アナリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン