/

この記事は会員限定です

<マザーズ>弁護士COMが反発 富士通の契約管理システムと連携

[有料会員限定]

(10時35分、コード6027)紙や印鑑を使わない電子契約サービスを提供する弁護士COMが反発している。前日比390円(4.3%)高の9510円まで上昇した。5日、電子署名サービス「クラウドサイン」が富士通(1部、6702)の契約管理システムとの連携を開始したと発表した。契約審査や契約締結、案件管理までをウェブ上で完結できるようになるといい、サービス拡充を好感した買いが入っている。

岩井コスモ証券...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン