/

日経平均前引け、続落 571円安の2万8359円

5日の東京株式市場で日経平均株価は続落した。午前の終値は前日比571円00銭(1.97%)安の2万8359円11銭だった。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は米国時間4日のメディア主催の討論会に参加した。長期金利の上昇について具体的な抑制策に言及しなかったと受け止められて米長期金利が上昇し、米株式相場でハイテク株を中心に売られた。この流れを引き継ぎ、国内株市場でも半導体や電子部品株などを中心に下落した。日経平均の下げ幅は一時、600円を超えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン