/

この記事は会員限定です

株、一難去ってまたチャイナ ディディ規制でソフトバンクG安値

[有料会員限定]

5日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前週末比172円安の2万8611円だった。中国規制当局が中国配車アプリ最大手、滴滴出行(ディディ)への締め付けを強めたため、同社に出資するソフトバンクグループ(SBG)が急落した。市場を揺らした米量的金融緩和の縮小観測が後退し、持ち直し期待が浮上していた日経平均にチャイナリスクが水を差した。

5日のSBGは一時6%安となり、およそ7カ月ぶりの安値に沈んだ。午前の日経平均の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン