/

この記事は会員限定です

<東証>三越伊勢丹など百貨店が安い 12月は1~2割減収、緊急事態宣言に警戒も

[有料会員限定]

(10時20分、コード3099)三越伊勢丹が続落している。一時、前日比12円(2.1%)安の573円まで下落した。4日に発表した2020年12月の売上高は前年同月比14%減だった。同業他社も1~2割減と苦戦が続いたほか、緊急事態宣言の再発令に向けた検討が進むなか、先行きへの懸念から高島屋(8233)やH2Oリテイ(8242)なども軟調に推移している。

前回20年4月に緊急事態宣言が発令された際、東京都は百貨店を休業要請の対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り258文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン