/

この記事は会員限定です

緊急事態の再宣言、雇用は正念場へ 

景気下押しは前回より浅いか

[有料会員限定]

菅義偉首相は4日、新型コロナウイルスの感染対策として緊急事態宣言の再発令を検討すると表明した。今回は対象を絞ることで2020年4月の前回ほどの景気下押しは免れるとの見方が多い。もっとも、雇用環境が悪化するとの警戒感は強く、これまでのような底堅さを保てるかどうかは正念場に差し掛かっている。

大和総研は、前回の宣言のように対象が全国規模となれば1カ月間の国内消費の落ち込みは4兆円強に上ると試算する。し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン