/

1月の完全失業率、2カ月ぶり上昇 感染拡大で非自発的離職が増加

総務省が4日発表した1月の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は2.8%と前月に比べて0.1ポイント上昇した。上昇は2カ月ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた「まん延防止等重点措置」が各地に適用されたことで雇用環境が悪化。勤め先や事業の都合による非自発的な離職が増え、完全失業率の上昇につながった。

完全失業者数(季節調整値)は前月比4万人増の191万人と、2カ月ぶりに増加した。うち自己都合による「自発的な離職」は1万人増、雇い主や事業都合による「非自発的な離職」は6万人増となった。「新たに求職」は横ばいだった。

就業者数は6693万人と前月比で19万人減少した。減少は3カ月ぶり。非労働力人口は4176万人と5万人増加した。

完全失業率を男女別にみると、男性が前月比0.1ポイント上昇の3.0%、女性は横ばいの2.4%だった。

休業者数の実数値は249万人と前月の190万人から増加した。新型コロナの新規感染者数が増加傾向にあった2021年8月(250万人)と同水準だった。休業者には自営業者で仕事を休み始めてから30日未満の人や、従業員などで給料の支払いを受けている人などが含まれる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン