/

<米国>オクタが10%安 65億ドルで同業買収も「割高」の見方

【NQNニューヨーク=岩本貴子】(米東部時間12時12分、コード@OKTA/U)4日の米株式市場で企業向けID管理システムのオクタが3日続落し、一時、前日比9.6%安の218.00ドルをつけた。3日夕に同業のオースゼロを65億ドルで買収すると発表したが、価格が割高だと受け止められた。アナリストの目標株価の引き下げが相次ぎ、嫌気する売りが出た。

買収は株式交換で実施し、5~7月期に完了する見通し。オクタのトッド・マッキノン最高経営責任者(CEO)は発表資料で「両社のサービスを組み合わせることで既存顧客と将来の顧客のための価値を大きく拡大できる」と述べた。

ただ、米国みずほ証券は「(似たサービスを手がける)企業の買収に高額を払い、獲得可能な最大市場(TAM)を広げることにならない」疑問を示し、目標株価を305ドルから255ドルに引き下げた。DAダビッドソンも財務負担が大きく「長期的な収益化目標を遅らせる」と指摘、目標株価を300ドルから280ドルに引き下げた。ドイツ銀行は「中核事業の減速を覆い隠すために(外部の)成長を買いにいっているという懸念を高めた」とみて、目標株価を313ドルから270ドルに引き下げた。

3日夕の決算発表で開示した21年2~4月期見通しが振るわず、売りを誘った面もある。特別項目を除く1株損益も0.20~0.21ドルの赤字と、赤字幅はQUICK・ファクトセットがまとめた市場予想(0.06ドルの赤字)より広がる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン