/

この記事は会員限定です

世界が見守る米長期金利 入札ラッシュ、上昇に身構え

[有料会員限定]

世界の投資家が最も関心を寄せているのが米国の長期金利だ。3月に入り、それまでの急上昇からは落ち着きつつあるものの、来週は米国債の入札が相次ぐ。「入札ラッシュ」で需給の緩みが一段と鮮明になれば、米長期金利は再び上昇が加速しかねず、金融・資本市場では警戒モードが広がっている。

米国の入札ラッシュに先立ち、日本では4日に財務省が30年物国債入札を実施した。入札では最低落札価格が100円ちょうどとなり市場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン