/

この記事は会員限定です

株、内需株シフトに好機 米景気懸念と「1兆円売り」で

[有料会員限定]

4日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前引けは前週末比149円(0.58%)高の2万6085円だった。米国の景気後退リスクの高まりを背景に、東京市場では銘柄物色に変化が生じつつある。需給要因で相場全体が急落する場面があれば、業績に期待できる内需株を拾うチャンスかもしれない。

1日の米市場では長期金利が2.8%台まで低下したのを受けて株式相場が反発。週明け4日の東京市場でも幅広い銘柄に買い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン