/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト バリュー相場にピーク論、決め手は米長期金利に

(更新) [有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比278ドル高の3万5116ドルで終えた。米長期金利の低下を背景にした景気減速への警戒感から売りが先行したものの、米長期金利が下げ止まるにつれて景気敏感株を中心に買いが優勢となった。バリュー(割安)株が相場上昇を主導する相場のピーク論を唱える声が聞かれる一方、米企業の好決算などを手掛かりにした買いも入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン