/

この記事は会員限定です

台湾株3日 反発、米株高が支え 全土の大停電で伸び悩む

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】3日の台湾株式相場は反発した。加権指数の終値は前日比66.80ポイント(0.37%)高の1万7934.40だった。米金融政策やウクライナ情勢への過度な警戒が一服し、前日の米株式相場は上げた。これを受けて台湾株にも買いが先行した。

一方、台湾では3日、全土で大規模な停電が発生。取引所の運営には支障は出なかったものの、企業の一部には生産などに悪影響が出るのではないかとの懸念が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン