/

この記事は会員限定です

菅首相退陣へ、動意づく日本株 反転シナリオに現実味

(更新) [有料会員限定]

3日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、午前の終値は前日比243円高の2万8787円だった。現時点では5日続伸で、この間の上げ幅は1000円を超える。午前の取引終了後に「菅義偉首相は自民党総裁選への出馬を見送る意向を固めた」と報じられ、日経平均先物は急伸し2万9000円台に乗せた。政局が流動的となるなか、国内政治で日本株が動意付く展開となる可能性もある。

すでに総裁選や衆院選などを巡り日本の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン