/

「銀」急騰、ヘッジファンドも個人連合も買いの危うさ

SNS(交流サイト)レディットマネーの買いの標的に銀も加わったとされ、銀相場が急騰している。これはご用心。

たしかに、市場規模が小さいので急騰しやすい。「貧者の金」と言われ、単価が安いので、買いやすい。

しかし、現在の銀市場ではヘッジファンド側も買いポジションを積み上げてきた。そこに、個人連合がさらに買い攻勢を仕掛けている。ヘッジファンドの空売りポジションを締め上げるという構図ではない。両者、買いの「共闘」である。その結果、国際指標となるニューヨーク(NY)銀相場は1トロイオンス30ドル近くまで急騰したが、需給では全く正当化できない水準だ。銀は太陽電池の需要もあり、熱伝導性が良いので電子部品素材にも向いている。しかし、現物需給より先物市場での思惑による売買の影響のほうがはるかに強い。価格が急騰すれば、リサイクルで大量の銀が還流してくる。しかも外為市場ではドル高に振れている。コモディティーにとってドル高は売り要因だ。買いのモメンタム(勢い)が臨界点に達すれば、一転、急落の連鎖となろう。

さらに、NY銀先物市場では米商品先物取引委員会(CFTC)の規制が効いている。過熱すれば、取引所経由で、証拠金引き上げ、さらに、ポジション規制を発動する。金融規制改革法(ドッド・フランク法)により、CFTCの規制は強化された。

銀上場投資信託(ETF)へのマネー流入も増えている。こちらは、米証券取引委員会(SEC)の管轄だが、先物に比べレバレッジは無いに等しい。

銀鉱山株の上昇率が最も目立つ。こちらは、株式投資の分野なので、新たなレディット銘柄と理解できよう。しかし、特に空売り比率が高くはない。

さらに、レディットの人気フォーラム「ウォールストリート・ベッツ」での書き込みも知見不足を露呈している。荒唐無稽な陰謀説が語られ、誤字・誤解も見られる。例えば、「billion banks(10億の銀行)」が価格操作という書き込みだが、おそらく「bullion banks(金銀を扱う銀行)」の間違いではないか。そもそも銀行が結託して価格操作しているという途方もない陰謀説は笑止としかいいようがない。現場を知るものなら、操作できるなら、苦労はない、という実感であろう。

なお、銀は米国人投資家が特に好む。ジム・ロジャーズ氏も銀好きだ。これには歴史がある。1930年代から1960年代にかけて米国では民間金売買が禁止され、その代替として銀が取引された。その後、金が自由化されても、銀選好度の高さがDNAのごとく残っているわけだ。

総じて、銀急騰劇は、レディット相場の危うさを露呈する展開になっている。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン