/

この記事は会員限定です

株、バイデン氏「2兆ドル」計画で400円高 主役は半導体関連

[有料会員限定]

名実ともに新年度相場入りした1日午前の東京株式市場で日経平均は反発し、前引けは334円高の2万9513円だった。上げ幅は一時400円を超えた。バイデン米大統領が3月31日に2兆ドル(約220兆円)規模のインフラ投資計画を発表。半導体の米国生産を支援するための補助金が盛り込まれたのを手がかりに、半導体関連が買いの中心となった。

1日午前の市場で、目を引いたのは東エレクの強さ。前日比1950円(4.2%)高の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン