/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト インフラ投資計画に沸くEV テスラ5%高、充電設備関連も急騰

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】3月31日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落した。前日比85ドル安の3万2981ドルで終えた。月末最終日とあって上昇が目立った景気敏感株に利益確定売りが優勢となったが、相対的に出遅れていたハイテク株には買いが入り、相場全体を支えた。とりわけ、バイデン米政権のインフラ投資計画の恩恵が期待される半導体関連や電気自動車(EV)関連株には積極的な買いが入り、再び市場の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン